めまいで悩んでいるのなら耳鼻科へ行こう|早期改善で完治できる

聞こえを改善させましょう

レディ

難聴は人により気が付き方がさまざまで、自分の聞こえにくさに気が付かない場合があります。補聴器販売店では本人だけでなく、家族や親しい友人にも補聴器を使うにあたっての注意事項を説明してくれます。ゆっくりはっきりと話すことで聞こえも良くなるため、周囲の協力が不可欠です。

詳細へ

適切に早期に受診する方法

婦人

専門の診療科

めまいは、大きく3つの症状に分かれます。一つ目は自分や周囲がグルグル回って見える、回転性です。二つ目は身体がふわふわした感じで、まっすぐ歩くことが困難になる、浮動性です。三つ目は、立ちくらみのようなめまいです。上記の症状のいずれも、危険な病気が隠れていることがあります。メニエール病や、脳梗塞・脳出血、脳腫瘍、高血圧・低血圧、低血糖など、様々です。これらの病気を早期に発見するのは、適切な診療科に受診することです。しかしながら、めまいに関する診療科は、内科、脳神経外科、耳鼻科など、多岐に渡ります。このため、めまいが起きてどの病院にかかると良いか分からないことが起こります。そのため、初めてめまいが起きた場合には、総合病院にかかるのが望ましいです。そこで、しっかりした診断をつけてもらったうえで、専門の診療科に紹介してもらうことが必要です。

予防のコツと生活習慣

めまいが起こったら、前記のように総合病院から専門の診療科につなげてもらうのが良いです。その後、めまいが再発しないように、しっかり予防していく必要があります。症状の原因が分かっている場合は、その原因を除去する必要があります。例えば低血糖なら、血糖が下がらないような工夫を、低血圧や高血圧なら血圧を安定させる工夫を行います。それ以外には、コーヒーを飲み過ぎない、アルコールや喫煙を避ける、しっかりした睡眠をとるなど、様々な工夫が必要です。このように生活習慣次第で、ある程度めまいを予防することができます。めまいが起きても、激しい頭痛や手足の脱力、言葉が出ないなどの諸症状がなければ、ゆっくり安静を保ち気持ちを落ち着かせることで、軽快することができます。