めまいで悩んでいるのなら耳鼻科へ行こう|早期改善で完治できる

聞こえを改善させましょう

レディ

難聴に気づいていますか

高齢になると聴力がだんだん衰えていきます。一度低下した聴力は治療をしても取り戻すことができないため、補聴器を装用することで聞こえにくさを改善させていきます。補聴器販売店では補聴器を装用する前にさまざまな質問を投げかけます。人により難聴の程度もさまざまで、生活環境によって悩みも多岐に渡るためです。家族と同居している人は、会話がスムーズにいかないと本人だけでなく周囲の人にも負担が掛かる場合があります。よく外出する人は周囲の環境音が聞こえにくいためにぶつかったり怪我をする場合もあるため、事前の問診が大切になります。まずはどのような状況の時に聞こえに対する悩みがあるか考えてみましょう。それにより対応できる機種を販売店で選定してくれます。

周囲の協力が必要です

補聴器の相談に販売店へ行く際には、家族や親しい友人を同伴するとより具体的な生活環境がわかることがあります。自分では聞こえているつもりでも家族にとっては聞こえていないと感じたり、会話が前に進まないと同伴の方が悩みを訴える場合もあります。そんな時には補聴器を装用する本人だけでなく、周囲の人にも注意事項を販売店では教えてくれます。補聴器は装用するとすぐに全ての音が聞こえると勘違いされます。聞こえの悪い環境から急激に音量が上がると疲労感が増えるため、最初は小さめの音量からスタートします。家族は聞こえにくいからと言って大きな声で話したり、早口で話してしまうと会話の内容が理解ができない場合があります。家族はゆっくりとはっきり話しかけてあげる事で補聴器に馴染むことができます。家族の協力の下、早く補聴器に慣れていきましょう。